ラクーンファー毛皮買取

最近ではあまり毛皮を着ている方は見かけないですが、毛皮市場では昔の毛皮は大人気の商品です。タンスの奥で思い出と一緒に眠っている毛皮をお持ちなら、買取に出してみるといいかもしれません。

ご存知でしょうか、冬に人気のもこもこファーの正体。
ラクーンファーを毛皮の買取に出すには少し注意が必要です。似たような名前のものでラクーン・ドッグというものがあるからです。ラクーンファーはアライグマの毛皮のことです。丈夫で自然色のままでも味わい深い色調なのが特徴です。尾の部分を利用して輪を柄として利用した襟巻などでも知られています。デビー・クロケットの帽子でも有名です。

よく似た名前のラクーン・ドッグですが、こちらはアライグマではなく、なんとタヌキの毛皮のことです。軍服などのファーとしてよく用いられており、総じて買取価格が下がってしまうことが多いです。毛皮のプロは間違えないでしょうが素人目に毛皮の判別は難しいです。ラクーンと書かれたタグ表記を信じてしまいアライグマだと思い込んでいる方も多いようです。

このラクーンファーのアライグマとタヌキの混同問題は、平成19年になってようやく解決されます。動物種類を記載するようになったからです。それ以前のラクーンファーをお持ちの方は、一度専門の買取業者に調べてもらうのも良いかもしれません。

買取前に毛皮について知ろう!並毛とは何か

使っていない毛皮の買取について調べていると、ある言葉に疑問を持ちました。並毛という言葉です。最初は、毛並みに沿って加工していることを並毛というのだろうかと思ったのですが、それ以外の意味もあるようです。

買取に際して、知っておいた方がいいだろうかと調べると、毛皮にもいろいろな種類があるということが分かりました。種類といいましたが、毛皮の場合、分類するポイントは二つで、何の毛皮かということと、どんな風に加工したか、ということです。この二つが、毛皮製品の種類となります。

具体的に、どのような動物の毛皮が使われているのかというと、有名なところではミンク、フォックス、セーブルといった種類が使われています。特にセーブルは、かつては貴族しか使えなかったもので、今でも高級な毛皮とされています。同じ動物のものでも、生産者や生産地、品質などが変われば、売買するにせよ、買取をしてもらうにせよ、価格が変わる、重要なポイントです。

次のポイントは、どのような加工がされているかです。問題の並毛という言葉は、加工方法の一つとして、分類されていました。ここで先に知っておきたいのが、動物の毛には刺毛と綿毛があるということです。基本的に、硬質で長い方が刺毛、短く柔らかい方が綿毛となっています。そして、並毛はこの刺毛と綿毛をそのまま使用しています。染色することはありますが、基本的に毛皮そのままの手触りを楽しめる、という加工です。そして、このような加工方法も、やはり買取価格に影響します。
参考:アザラシの毛皮を売りたいのですが・・

毛皮を売る際、洗濯して出した方が高額買取につながる?!

毛皮を買取してもらう際に気をつけると良いポイントがあります。毛皮はタンスに長期間閉まっておいていてもどんどん毛質が悪くなってしまっている場合があります。湿度やホコリなどによって汚れていたり、くたびれてしまうのです。洗濯をすることで毛皮の質が戻ったり、見栄えが良くなるので買取価格が高くなることが期待できます。

毛皮の洗濯の仕方は毛皮の種類によって異なりますが、コートやバックについているほとんどのものは自宅で洗濯することが可能です。

洗濯機に入れるのではなく、水で優しく濡らし、タオルで乾かし、ブラシでブラッシングします。それだけでふんわりとしますし、自宅の匂いなども薄くなります。
また、パウダークリーニングという方法もあります→毛皮パウダークリーニング法教えてください
また、より高額にするためにクリーニングに出すのも良いです。しかし買取の際にクリーニング代よりも安く値をつけられてしまうと赤字になってしまうため、状況に応じて対応した方が良いでしょう。

せっかく売るのであればできるだけ高額に買取してもらえた方が良いため、できる限りケアをすると良いです。

また、使わなくなったらタンスの中で保管しておくよりも、早めに売った方が汚れがひどくなることもなく、高価買取してもらえます。

偽物の毛皮を買取してもらう場合

偽物の毛皮でも一応買取を実施してもらう事が可能です。しかし偽物になりますので、本物と比較してもかなり低い金額で買取を実施してもらう事になります。どうしても本物と比べると質が悪かったり、デザインに問題が発生しているなどがあるので、買取価格が下がってしまいます。

それでも一定額以上で買取を実施してもらえるので、偽物の毛皮を手に入れてしまった方は買取を行ってくれる業者を利用するのも一つの選択肢です。手放す事によって、ある程度のお金を手に入れる事ができますし、何よりも偽物の毛皮を手放す事ができるので苦い思い出を一気に払しょくする事ができます。

残念ながら毛皮は多くの偽物が流通しており、中々素人が判断する事が難しいです。本物とはちょっとしか違いがない偽物が流通しています。現在では精巧に作られている偽物毛皮も続々と増えているからです。何かの原因によって偽物の毛皮を購入してしまった場合でも、このように買取をしてもらえる可能性があります。

かなり安い金額で買取する事になるので、ある程度覚悟を決めないといけません。それでも少ない金額ながらも偽物の毛皮を買取してくれる業者が存在しているので、素早く買取をするのがポイントにもなっています。
http://xn--toro5hg6vygkvkak72i.com/sippaisinai/kaitorikakaku.html

毛皮の刺し毛と綿毛についての知識と買取について

毛皮の構造についてご存知でしょうか。毛皮は毛と皮からできていますが、毛の部分は刺し毛と綿毛で構成されています。刺し毛は上毛という別名もあり、英語ではガードヘアと呼ばれています。刺し毛は動物の種類によって様々な色や模様があります。また、艶があって美しく、弾力性、耐水性に優れているのが特徴で、身体を守る役割を担っています。

綿毛は下毛とも呼ばれていて刺し毛の下に生えている毛のことです。短く細い柔らかな毛で密生しているのが特徴的です。そのため、空気の層ができ、体温の発散を防いで防寒の役目を担っています。綿毛の密生の度合いによって毛皮の善し悪しが決まるといっても過言ではないでしょう。

毛皮は、刺し毛と綿毛のバランスがよい、光沢がある、背筋が鮮明である、または、シルキーでソフトな手触りなどの条件が揃っているものが上質なものになります。もし、お手持ちにこのような条件の揃った毛皮がある場合には買取を利用して売却してみましょう。そうすれば、高額買取が実現できる可能性が高くなります。

毛皮の買取を利用する際には、より高額買取になるように毛皮専門の買取業者に依頼をすることがおすすめです。専門の業者でしたら、毛皮についての熟練した知識や経験を生かして、適切な価値の判断を行ってくれるでしょう。
参考までに、優良業者をまとめました。